スタッフブログ
支援内容について
療育について
子どもの発達には個人差がありますが
その遅れや偏りにより、
集団生活において社会的適応が
上手くいかないことがあります。
かわせみの森ではお子様ひとりひとりの
発達に合わせて成長を見守っています。
療育ポイント
3つのポイントを大切に療育に取り組んでいます。
  • 療育ポイント
  • 私たちは、心を合わせて笑顔と愛情で、子どもたちのワクワクを創作します。
    私たちは、子どもたちの無限の可能性を信じ、個性を伸ばしていきます。
    私たちは、遊びを通じて楽しく療育に取り組める工夫をします。
  • 療育とは?治療教育の略で、障がいをもつ子どもが社会的な自立を目的として行われる医療と保育。
このようなお子さんが通所しています
このようなお子さんが通所しています
・個性を伸ばしたい
・言葉の遅れに心配がある
・発達に遅れがあると診断を受けた
・他のお子さんと違うところが心配
・子育てしにくい
・ご家族、お友達との関わりがうまくいかない
・集団生活に適応できるようにしたい
・基本的生活習慣を身に付けたい
・自信をつけたい
  • 子どもたちの成長
  • 療   育
  • かわせみの森 理念
療育内容
個別支援プラン
保護者のニーズとお子様の状況をふまえた個別の支援計画書を作成。
お子様一人一人に合わせた支援を行います。
  • カウンセリング
  • 支援計画書立案
  • 支  援
  • 評  価
★定期的に繰り返し、その都度最適な支援を行います。
  • 特  色
  • 地域、企業、社会人との繋がり
  • お子様が将来安心して自立して生きて行く為にも、地域や企業や社会人など沢山の方々に個々の特性を理解していただきたいと考えています。子ども達が地域、企業、社会人から愛され可愛いがられ、応援されるような関係を築いていきたいと願います。
  • 朝の会・帰りの会・製作等の小集団の活動を取り入れる事で、社会性を身につけていきます。
  • 食事・着替え・排泄などを支援し、基本的生活習慣を身につけていきます。
  • 表現力・想像力を養うことができ、知識・情報の引き出しとなるなど、お子様の心を豊かにする効果があります。朝の会・帰りの会で行っています。
  • お子様一人ひとりの表現力・想像力を豊かにすると同時に、リズム遊びなど、集団で活動する楽しさや協調性、目標に向う意欲を養います。
  • 自然栽培を軸とする農園で、栽培活動や自然を体験することで食育・自然観学び、生きる力・自信をつけていきます。
KAPLAブロックの導入
かわせみの森では、KAPLAブロックを導入しています。(http://www.kapla.co.jp/about/education/
子供たちはKAPLAが大好きです。KAPLAは遊びを通じて、こどもの個々にあった発達を促してくれます。
・論理的思考力
・創造力の刺激
・集中力と忍耐力
・発達段階に応じた必要な力
・チームワークと社会性
個性を伸ばす
かわせみの森と先生と信頼関係が築けてこどもの興味や才能がでてきたら。次に、その興味をもっと伸ばせるよう一緒に考えていきましょう。ある小学生は、裁縫能力が開花し素敵な小物をあっという間に仕上げてしまいます。
かわせみの森 × こども整骨院
近い将来のビジョンとして、かわせみの森では、こどもたちが、自分の身体の機能をうまく使えるようになれるようになったり、自ら感情をコントロールしたり、心と身体が癒される、自分の心と身体を知ることができるような整骨院を提供したいと考えています。
かわせみの森施設紹介へ
  • 平岸キッズ
  • かわせみの森 カワセくん
  • 白石キッズ
  • 中の島キッズ
お問い合わせ