スタッフブログ
お知らせ・スタッフブログ
  • 2020.01.15
  • 書初めからわかる!見えないところに大事なことが / 中の島キッズ
  • 冬休みも終盤!
    元気あふれる子どもたちでいっぱい
    かわせみの森・中の島キッズです!

    寒の内、お見舞い申し上げます。
    今日現在(令和2.1.15)札幌の積雪は8cmに留まり、
    1961年以降で最も少ないそうです。
    少ないと車の運転は楽ですが、はて、札幌雪まつりは大丈夫かなー?

    ■書初めからわかる!見えないところに大事なことが

    中の島キッズでは毎年恒例の小・中・高生による「書初め」を行いました。
    お題は「今年頑張ること」です。
    子どもたちは、特別大きな筆で気持ちを込めて書きました。
    書いた内容を見ると、↓

    • 学習を頑張りたい子
    • 運動を頑張りたい子
    • 卒業後に希望を持っている子
    • 進学に希望を持っている子
    • 苦手な事を克服したい子

    小学生の書初め01 小学生の書初め02中学生の書初め03

    書いている内容を見ると、一人ひとりの思いが伝わってきます。
    普段は無邪気に遊んでいる子供たちですが、
    自分なりに頑張りたい事を考えていると改めて知りました。

    見えないところにこそ大事なことがあるんですね!

    ■2才児は自立心が芽生える時期

    令和2年にちなんで、2才児のお話をしたいと思います。
    2才児を子育て中のお母さま、このようなことはありませんか?

    • 何を言っても「イヤだ!」と返事
    • ちょとしたことで癇癪を起す
    • 気に入らないことがあると駄々をこねる
    • 悲しくもないのにグズグズ泣く 等々

    「どうしてウチの子は・・・」
    「イライラしてストレスが溜まる」
    「注意すればするほどきかなくなる」
    「自分まで癇癪が起きそう」
    など不安をお持ちと思います。

    でも、大丈夫!
    みんな同じですよ。

    「魔の2才児」と言われるこの時期は第一次反抗期にあたります。

    この時期は、
    運動能力(思うように自分で歩くことができ、小さな物を掴む等)
    言語(自分の気持ちを言葉で表現)が著しく発達し、
    「イヤイヤ」は自立心が芽生えている証拠です。

    この「イヤイヤ」は、
    1.気持ちと運動能力のギャップ、
    2.自分がしたい事を制止される、
    3.それらの反動をうまく抑制できないために上記のような行動になるのです。

    まだまだ未発達な部分があるので、無理もないですね。
    そのため、これらのメカニズムを理解した上で、楽しく子どもと過ごしたいですね。

    次回はその対処法を記したいと思います!

     

« »

かわせみの森スタッフブログへ
Copyright 2012一般社団法人 子供と青い空All rights reserved
お問い合わせ