スタッフブログ
お知らせ・スタッフブログ
  • 2020.06.23
  • 【職場の教養】超感覚的知覚を使って遊ぶ。
  • *****************
    職員向けのブログ「職場の教養」です。
    詳細はこちら
    ******************

    おはようございます。
    かわせみの森  管理部の武富です。

    右脳教育の可能性というものを
    どんどん取り入れていきたいと思っているこの頃です。

    月1ですが、5月から職員に配布している
    右脳教育についての資料があります。

    読み物になっていますので
    是非読んで理解を深めてください。

    今回は6月に配布予定の資料より

    超感覚的知覚

    についてのご紹介です。

    これ、子供は大好きです。

    この感覚で遊ぶときのキラキラした目は
    大人は真似できませんね(笑)

    大人は、頭で一生懸命考えて
    良い答えを出そうとするので
    (そうやって教わることが多かったですしね)

    「感覚で答える」

    ということに、抵抗感があるのかもしれません。

    例えば、どんなことが、超感覚的知覚
    なのかといいますと、

    両手をグーにして、どっちか片方に
    飴を入れて、「どっちに入ってる?」
    と聞いて当てるゲームのときに使う感覚です。

    右脳の基本的な機能に

    ・波動で情報を受け取る「共振共鳴機能」
    ・波動情報をイメージに変える「イメージ化機能」

    というものがあります。

    この世界のすべてのものは、
    目に見えない粒子でできていて、

    それらは一つひとつが固有の振動を発しています。

    その振動によって発せられているエネルギーを波動と呼び、

    直感は、これを感じることができるのです。

    超感覚的知覚、と聞くと
    超能力なの?というイメージがあるかもしれませんが、

    実際は、特別な力ではなく
    生きているものすべてに備わっている根源的な力なのです。

    それが、いつしか創造性に繋がり、

    創造力がある人は、生きる力が強くなります。

    超感覚的知覚で遊ぶことを
    事業所内で意識してみてください。

    暗い情報が飛び交う現在ですが、
    外へでて、たくさんの光を浴びて、超感覚的知覚を使って
    子供たちの笑顔を増やしていきましょう♪

    管理部ブログはこちら

« »

かわせみの森スタッフブログへ
Copyright 2012一般社団法人 子供と青い空All rights reserved
お問い合わせ