スタッフブログ
お知らせ・スタッフブログ
  • 2016.12.09
  • 平岸キッズおやつの取り組み
  • こんにちは、ゆきえ先生です!

    今日は、平岸キッズでのおやつの取り組みについてご紹介します。
    おやつの時間に、くだものやクッキングを取り入れる事で、子ども達に良い変化があったそうですよ。
    平岸キッズでクッキングなどを担当してくれている、しおり先生にインタビューしてみました!

    ゆきえ「おやつの中に、くだものを取り入れるきっかけになった出来事はなんですか?」
    しおり「3つのことがきっかけで、おやつの時間にくだものを取り入れる事にしました。
    1つ目は、スタッフ間の話の中で、くだものを食べる機会が少なくなってきている
    ね、という話題が出た事。
    2つ目は、そしゃく力を鍛えるため。
    3つ目は、おやつの時間にくだものを出してみたところ、お菓子をほとんど食べな
    かった子が、くだものだと完食したこと。
    これはいいねと、くだものをおやつの中に取り入れる事にしたんです。」

    なるほど~!!確かに、自分もくだものを食べる機会は減っている気がします、、、。

    ゆきえ「おやつカレンダーにスペシャルデーとありますが、この日の子ども達はどんなようす
    ですか?」
    しおり「スペシャルデーを作った事によって、『今日はなんのおやつ?』
    『スペシャルデーは、何がでるの?』といった声が聞かれるなど、おやつの時間に
    興味を持つ子が増えました!」

    おやつの時間が、興味を引き出す時間になったのですね☆

    ゆきえ「療育の中でクッキングを取り入れる事が増えましたが、子ども達にどんな成長や
    変化が見られますか?」
    しおり「大きく2つの変化が見られました!
    1つ目は、調理道具の使い方を覚えた事。
    2つ目は、かわせみで行なったメニューを自宅でも挑戦するようになった事です。
    クッキングを行なった日に、レシピを渡しているのですが、それによって家族で
    おかしを作ってみたり、おうちでお手伝いをするようになったという声が聞かれる
    ようになりました」

    小さな工夫とその積み重ねが、無限の可能性を引き出す結果となったのですね。
    それを体現できた素晴らしい例だと思いました(*´∀`*)

    ゆきえ「素晴らしい変化が見られているところですが、今後挑戦してみたい事はありますか?」
    しおり「創作料理(おかし)です!
    子どもたちが考えたお菓子を、かわせみで作ってみたいと思っています!」

    もしかしたら、将来パティシエが誕生するかもしれません!?

    img_3581

« »

かわせみの森スタッフブログへ
Copyright 2012一般社団法人 子供と青い空All rights reserved
お問い合わせ