スタッフブログ
お知らせ・スタッフブログ
  • 2020.02.27
  • 価値観ではなく美徳でのコミュニケーション
  • こんにちは。
    管理部の武富です。

    キレイごと。とかではなく、
    本気で、「この世から、争いごとをなくすにはどうしたらいいんだろう。」
    とよく考えることがあるのです。

    そんな答えが、ここにあるのではないか?
    と感じる本に出会いました。

    【52の美徳 教育プログラム】

     

    52の美徳(ヴァーチューズ)とは、
    カナダ生まれの教育プログラムです。

    だれもが生まれながらに持っている
    心の美しい本質(=美徳)に焦点をあてた
    コミュニケーションスキルのひとつです。

    弊社代表よりお勧めいただいた1冊でして
    食い入るように読み込んでしまいました。

    例えば、「朝ごはん」という題で
    日本では白米に梅干しが当たり前のイメージで
    アメリカでは、ホットドックが当たり前だとしたら、

    「正しい朝ごはんとは何か」
    を話し合ったときに、答えを出すのは難しくなります。

    これが、「価値観」でコミュニケーションをとる。
    という状態です。

    生まれ育った場所も環境も違えば
    価値観は全く違ったものになります。

    その価値観について、どちらが正しいかを決めようとすると
    争いがおこりやすくなるようです。

    52の美徳では、価値観ではなく
    人間のもっと奥にある「美徳」を目覚めさせ、
    習慣化し、美徳によるコミュニケーションを行うことで、
    お互いにとって最善の資質を発揮できるようになるのです。

    美徳は、もともと人間がもっているものです。

    <52の美徳の言葉>
    愛 いたわり 思いやり 感謝 寛大 寛容 気転 共感 協力
    勤勉 決意 謙虚 コミットメント 識別 自己主張 自信
    自制心 柔軟性 正直 情熱 真摯 親切 辛抱強さ 信頼 信頼性
    正義 清潔 誠実 整理整頓 責任 節度 創造性 尊敬 忠誠心
    慎み 手伝い 忍耐 奉仕 無執着 名誉 目的意識 優しさ やすらぎ
    勇気 友好 優秀 ゆるし 喜び 理解 理想主義 礼儀 和

    52の美徳の言葉を使って、自分や人の美徳を承認します。
    この「美徳の承認」こそが、ヴァーチューズ・プロジェクトの核です。

    そして、各事業所でも美徳の実践が今月より始まります。
    もちろん、子どもたちにも療育の中で、伝えています。

    もしかしたら、お子様から
    「今日は、美徳を習ったんだよ!」という
    お話があるかもしれません。

    そんな時は、是非、お子さんのお話を聞いてみてあげてください。


    (↑本日の中の島キッズの様子。リズム遊びを楽しんでいます。)

« »

かわせみの森スタッフブログへ
Copyright 2012一般社団法人 子供と青い空All rights reserved
お問い合わせ