スタッフブログ
お知らせ・スタッフブログ
  • 2020.08.10
  • ダンゴムシ&ワラジムシが迷路に挑戦!!
  • こんにちは!中の島キッズです!!

     

    子どもたちの短い夏休みが始まりましたね!

     

    さて、今月の実験は前回のアリに引き続き、生き物生態実験第二弾!!ということで・・・

     

    主役はダンゴムシ&ワラジムシ

     

    用意するものは、職員お手製レゴブロックの迷路と、捕れたての元気なダンゴムシ&ワラジム

     

    子どもたちには、
    果たしてダンゴムシワラジムシは迷路をゴールできるか??
    を予想してもらい、ゴールするならどちらが早くゴールできるか??まで考えてもらいました。

    8人中、全員がゴールでき、7人がワラジムシが先にゴールすると予想!
    結果は・・・

     

    やはりすばしっこいワラジムシの勝利!
    個体ごとにスピードは違いますが、ダンゴムシワラジムシ迷路クリアできました!!

    これは、生き物が元々持っている
    交替性転向の性質を利用した実験です。

     

    交替性転向とは…簡単に言えば右→左→右とジグザグに向きを変えて動くという性質。
    餌を見つけやすくするため、繁殖の相手を探すためと言われており(右→右→右だとおなじところをグルグル回ってしまいますよね)昆虫に限らず生き物は本能的に備えているものだと言われています。

     

    ここまで説明して今回の実験は終了!
    小さなダンゴムシワラジムシから学びを得て、もっと生き物について知りたい!と興味をもってもらったらいいな❣️と思います☺️
    今までの、中の島キッズのブログはこちらからご覧いただけます。

« »

かわせみの森スタッフブログへ
Copyright 2012一般社団法人 子供と青い空All rights reserved
お問い合わせ