スタッフブログ
お知らせ・スタッフブログ
  • 2020.01.20
  • スモール・ステップの取り組み
  •  

    こんにちは、平岸キッズです。

    今回は、午前中に行っている個別療育についてご紹介します。

     

    平岸キッズで個別療育を行う目的は、職員とのマンツーマンの関わりの中で子ども達の「できた」という経験を増やすことです。

    小さな「できた」の積み重ねが、子ども達のスモール・ステップでの成長に繋がっていくと考えています。

    また、個別課題の中で子ども達に生まれた「自信」が集団やお友達との関わりのなかで生きていけば、と考えています。

     

    以前から不定期で個別療育は行っていましたが、環境づくりや内容、方法の見直しを行い、去年の11月から「個別課題の時間」として、新たにスタートしました。

    大きく変わったことの一つに、身体の大きさに合った机と椅子を用意したことがあります。

    このおかげで、子ども達の姿勢の良さと、集中力が格段にアップしました。毎週、個別療育を行うたびに、正しい姿勢の継続が5分から10分、15分と長くなってきているのを実感しています。

    行っている課題の内容は、一人一人に合わせて様々です。大好きな動物カードを使ってやりとりをしたり、製作活動に職員とマンツーマンで取り組んでいる子もいます。

     

    平岸キッズの個別療育のモットーは楽しく取り組むこと(^^♪
    職員と1対1のゆったりとした時間の中で、楽しくいろんな事にチャレンジ出来るよう心がけています。

     

    課題の最後には、シール貼りを行い、「今日も頑張った」と目でみてわかるようにしています。

    シール帳にシールが増えていくのがモチベーションになっていて
    「シールはりたいから(個別課題を)やる!」と机に自ら向かっていく子もいます!(^^)!

     

    今後も個別療育を通して楽しく、スモールステップでの支援を継続していきたいと思っています。

     

    次回のブログでは、冬休みのお出かけ企画の様子をお伝えします♫

« »

かわせみの森スタッフブログへ
Copyright 2012一般社団法人 子供と青い空All rights reserved
お問い合わせ